●絵本読み聞かせ●『きんぎょがにげた』あらすじと感想。

今回からおすすめの絵本を紹介していきます!
今日紹介する『きんぎょがにげた』という本は息子がちょうど1歳になった時に購入しました。
2歳2か月の現在でも読みづつけているお気に入りの絵本です(*’ω’*)
絵本選びで悩んでいる方の参考になればいいなと思います☆

目次

『きんぎょがにげた』絵本のあらすじと感想

きんぎょがにげた

ピンク色の金魚が一匹、金魚鉢からにげだしました。どこににげるのでしょうか??
そっくりピンクの水玉模様のカーテンに紛れたり、同じ色のお花に紛れたり、テレビに映りこんでみたり・・・。次々と場面が変わります。
「きんぎょはどこ~?」
「ここーー!」
「まーたにげた!」
指さしが楽しめる絵本です。
ページをめくるたびに金魚がどこかにいます(^^)
いろんな色が使われていて絵も優しいタッチ。
金魚が無表情な感じで逃げているのがとても可愛らしいです。

「またにげた!!」息子はケラケラ笑います!
この絵本のおかげで息子は1才すぎに指差しができるようになり、しだいに「ここ!」とおしゃべりも♪

『きんぎょがにげた』絵本の対象年齢は?

『きんぎょがにげた』絵本の対象年齢は2才~4才です。

1才半検診で指差しができるかのチェックがあると思うのですが、この絵本は指差しを覚えるのにとても良かったので1才から長く楽しめる1冊だと思います☆

『きんぎょがにげた』絵本の読み聞かせのポイント

きんぎょ以外にも可愛らしい絵がたくさんあるので、きんぎょを見つけた後に
傘はどこ~?くつしたはどこ~?といろいろな物も指差しできるように声をかけてみてくださいね♪

『きんぎょがにげた』絵本の作品情報

著者:五味太郎
出版社:福音館書店
出版:1982年

さいごに

きんぎょがにげた絵本はくもんの推薦図書にも選ばれています。
(上のリンクから5Aの31番

ぜひ参考にしてみてくださいね☆

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

♡東京都内
♡31歳
♡2歳の男の子ママ
♡元ヨガインストラクター
♡専業主婦
親子でお出かけできるスポットに行ってランチしたり遊んだりすることが好き。

♡LOVE:おでかけ/旅行/
ヨガ/健康/韓国ドラマ/ブログ

コメント

コメントする

目次
閉じる