群馬で味わえるベスビオパスタ!ペスカトーレとの違いは?

群馬県のご当地パスタ『ベスビオパスタ』は群馬県の定番パスタです!
『ベスビオ』はイタリアのカンパニア州にある火山の名前。
トマトベースでピリ辛なパスタはベスビオ火山を表現しています。

一言で言うとベスビオパスタは『ピリ辛の魚介トマトパスタ』です。

どんな具材が入っているかなどとっても気になりますよね!

この記事では、ベスビオパスタを詳しく!実際に食べた方の感想とともにお伝えします。
ベスビオパスタ発祥レストラン『シャンゴ』やベスビオスナックについてもご紹介します。

この記事の内容

・群馬県発祥のベスビオパスタとは?
・ペスカトーレとの違いは?
・ベスビオパスタ発祥レストラン『シャンゴ』はどこ?
・ベスビオスナックって何?

ぜひ最後までご覧ください♪

目次

群馬県発祥のベスビオパスタとは?

『ベスビオ』はイタリアのカンパニア州にある火山の名前。
パスタが一流のイタリアベスビオ火山が由来となってます。

ベスビオパスタを生み出したのは群馬県の老舗イタリアンレストラン『シャンゴ』

真ん中のムール貝が火山の噴火部分で真っ赤なスープが特徴。

その他アサリ・えび・いかなどの魚介がたっぷりと入りトマトベースでピリ辛!

ベスビオパスタはピリ辛の魚介トマトスープパスタ!です。

真っ赤なスープが特徴のベスビオパスタ。
魚介たっぷりでピリ辛トマト絶対美味しいですよね!

群馬県ベスビオパスタ!ペスカトーレとの違いは?

魚介がたっぷり入ってトマトベース。
ペスカトーレと何が違うのでしょうか?

やはり辛さに違いがあるようです!

ベスビオは火山をイメージしているのでペスカトーレよりも辛いのですね!
筆者は辛いの好きなのでとっても食べてみたくなりました!

群馬県ベスビオパスタ発祥の『シャンゴ』はどこ?

ベスビオパスタの生みの親は群馬県の老舗イタリアンレストラン『シャンゴ』1968年に創業!

パスタの街と言われる群馬県高崎市に本店を構え、群馬県内に8店舗あります。

シャンゴの店舗一覧はこちら

『シャンゴ』の看板メニューは?

メニューが豊富でパスタだけで30種類以上
そんなシャンゴの看板メニューは・・・

シャンゴ風ミートパスタ

\パスタにトンカツが乗っています/

『シャンゴ』はキングオブパスタで2回優勝!

群馬県はキングオブパスタというパスタのNo.1を決める大会が毎年行われています!
今年は第14回目で2022年11月13日に開催!

キングオブパスタではシャンゴは第2回(2010年)と第4回(2012年)に優勝!

優勝した時のパスタメニュー

  • 2010年『赤城鶏と群馬県産野菜のミネストラ仕立て』
  • 2012年『塩麹麦豚とこんにゃく入りパスタのトマトカレースープ』

群馬県ベスビオパスタスナックって何?

ベスビオパスタスナックも販売されました!!

『シャンゴ』のベスビオを再現したパスタスナックです。
ピリ辛でカリカリ!

\ここからも購入できます/


ぜひ群馬に行かれた際はシャンゴのベスビオパスタ!食べてみてくださいね♪

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

4歳の息子を育てる30代のママ。

気になる情報や、子育てに関することを発信していきます!

目次
閉じる